整骨院・接骨院の医療費控除の対象とは?

注意:情報については一部変更されている場合もありますので、必ず該当する関係各所にご確認ください。
 
 

整骨院・接骨院の医療費控除の対象になるのかご存知でしょうか?

この記事では、整骨院・接骨院の医療費控除に関して解説します。

通った際の施術費用が医療費控除の対象なのか、どのような手続きが必要ななのか身に付きます。

是非、参考にしてください。

 

 

整骨院・接骨院の確定申告|施術費用は医療費控除の対象?

 

整骨院・接骨院の確定申告|施術費用の提出期限は?

整骨院や接骨院の施術費用は、通常、確定申告の医療費控除の対象になります。提出期限は、通常、その年の確定申告期限までです。ただし、具体的な期限は税務署によって異なる場合がありますので、確定申告の際には確認が必要です。

 

整骨院・接骨院の確定申告|施術費用に関する基本情報

整骨院や接骨院で受けた施術費用は、通常、医療費控除の対象となります。ただし、一部の施術や特定の条件を満たさない場合は除外されることがあります。医療費控除を受けるためには、領収書やレシートなどの証明書が必要です。

 

整骨院・接骨院・整体の医療費控除対象となる施術費用について

 

整骨院・接骨院・整体の医療費控除対象となる施術費用について理解する

整骨院や接骨院、整体院で受けた施術費用のうち、医療として認められるものは医療費控除の対象となります。例えば、鍼灸マッサージ施術や特定の治療を受けた場合は対象となりますが、美容目的の施術などは除外されることがあります。

 

鍼灸マッサージ施術は医療費控除の対象になる?

鍼灸マッサージ施術は、医師の指示のもとで行われる場合や特定の疾病に対する治療として行われる場合に限り、医療費控除の対象となります。ただし、美容目的やストレス解消などの目的で受ける場合は対象外となることがあります。

 

整骨院や接骨院、整体院で受けた施術費用のうち、美容目的やストレス解消などの目的で行われたものは医療費控除の対象外となります。また、自己負担分や自己負担限度額を超える部分も控除の対象外となります。

 

自費施術は医療費控除の対象になりますか?

自費施術は、医療費控除の対象になる場合とならない場合があります。医師の指示のもとで行われる場合や特定の疾病に対する治療として行われる場合は対象となりますが、美容目的やストレス解消などの目的で行われる場合は対象外となります。

 

整骨院・接骨院・整体の費用について医療費控除を受ける方法を知る

整骨院や接骨院で受けた施術費用の申告には、1年間にどれだけの医療費がかかったのか、総額を算出するための領収書やレシートが必要です。また、医療費の領収書は自宅で5年間は保管しなければなりません。医療費控除の明細書の控えとともにわかりやすい場所に保管しましょう。

医療費控除の申告に必要な書類は以下のとおりです。
・確定申告書
・医療費控除の明細書
・医療費通知書
・施術費用の領収書やレシート
・源泉徴収票(会社員のみ)

医療費控除を申請するには、まず医療費控除の明細書を作成し、その後、確定申告書の医療費控除の欄に金額を記入します。医療費控除の明細書や確定申告書は、国税庁のホームページからダウンロードできます。こちらは税務署でも配布しています。

また、国税庁の確定申告書作成コーナーでは、医療費の集計用にExcelファイルが用意されていますので、それをダウンロードして直接入力することも可能です。

医療費控除の明細書の記載事項は以下のとおりです。
・医療を受けた人
・医療費の区分(診療、治療/介護保険サービス/医薬品購入/その他の医療費)
・病院や薬局などの名称と所在地
・治療内容や医薬品の名前
・支払った医療費
・保険で補填される金額

協会けんぽなどの健康保険組合からの医療費通知書を同時に提出する場合は、「医療費通知に関する事項」に記入すれば医療費控除の明細書への記入を省略することができます。

医療費控除の明細書に記入後、実際に支払った医療費の合計額から保険で補填される金額と、10万円または所得の5%いずれか少ないほうの金額を差し引いた金額が、医療費控除として申告できる金額です。その金額を確定申告書の医療費控除の欄に転記します。国税庁の申告書作成コーナーで書類を作成して郵送、または事前の手続きを踏めば、e-Taxでの申請も可能です。

 

医療費控除の還付金額の計算方法

医療費控除の還付金額は、支払った医療費のうち、所得税額から差し引かれる金額です。具体的な計算方法は、支払った医療費から自己負担分や控除限度額を差し引いた金額を、所得税率と控除率を用いて計算します。

 

注意:情報については一部変更されている場合もありますので、必ず該当する関係各所にご確認ください。
 
 

整骨院・接骨院・整体院・整形外科の違いはご存知でしょうか?

お身体の悩みによって行く場所が変わります。

この記事では、整骨院・接骨院・整体院・整形外科の違いを解説します。

患者様がお身体の悩みが出来た際、どこに行くべきなのかの知識が身に付きます。

是非、参考にしてください。

 

 

整骨院と接骨院の相違点

 

名称の違いについて

整骨院と接骨院は、名称が異なるが実際の施術内容には大きな違いはありません。

 

整骨院・接骨院での施術内容の違い

整骨院と接骨院で行われる施術内容は類似しており、主に骨格や筋肉の歪みを矯正するマッサージやストレッチなどが含まれます。

 

整骨院・接骨院・整体院での保険適用範囲の相違点

整骨院と接骨院では保険適用範囲に大きな差はありません。どちらも公的な健康保険が適用されるが、条件や施術内容には個別の差異がある。整骨院・接骨院は整骨院・接骨院で骨折、脱臼、打撲および捻挫(いわゆる肉ばなれを含む)の施術を受けた場合は、保険適用可能です。
整体院はすべての施術が保険適応外となります。費用はすべて自己負担になるものの、希望に沿ったオーダーメイドでの施術を受けることも可能です。

 

柔道整復師の役割と特徴

柔道整復師とは、様々な場面で活躍し、厚生労働大臣免許のもとで打撲・捻挫・挫傷(肉ばなれ)・骨折・脱臼などに対する施術をする職業の正式名称です。外傷による骨や運動器、軟部組織(筋・腱・靱帯など)の損傷に対し、手術や薬ではなく診察・整復・固定・後療と柔道整復師の卓越した「手技」により、人間のもつ自然治癒力を高め、患者様に寄り添い、患者様の意向を尊重しながら治癒に導きます。

 

整骨院・接骨院での職種の違い

整骨院と接骨院での主な職種は同じであり、柔道整復師が中心となって施術を行います。

 

整骨院・接骨院と整体院・カイロプラクティック院の違いは何?

 

整体院・カイロプラクティック院の保険適用外の特徴

「整体院」脊椎や骨盤・肩甲骨・四肢(腕と足)・顎などの関節の歪みやズレを矯正して、骨格筋のバランスを調整し、血の流れを良くして血行を改善、痛みや不快な症状の改善を治療目的としている為、保険は適用されません。

「カイロプラクティック院」治療目的が体の歪みを治すことではなく、バランスを整えることであり、神経系の機能回復というのが大きな目的の為、保険は適用されません。

 

肩こりなどの慢性症状への対応とリラクゼーションの違い

整体院やカイロプラクティック院では、慢性的な痛みや不調に対するアプローチが重視されます。

 

無資格での開業に関する規制の違い

整体院やカイロプラクティック院では、無資格者による開業が比較的容易である場合があります。

 

整体院・カイロプラクティック院での職種の違い

整体院やカイロプラクティック院では、柔道整復師以外にも、カイロプラクターや整体師など、異なる専門家が活躍しています。

 

整骨院・接骨院と整形外科の違いと使い分け

 

整形外科の特徴

医療機関のため医師が診察を行い、診断書を作成します。整形外科で行われる治療や検査は、主に以下のとおりです。
・触診・問診
・投薬
・注射
・手術
・リハビリテーション
・CT
・レントゲン
・MRI

 

整形外科での職種の違い

整形外科では、医師や看護師、リハビリテーションスタッフなどが患者様の治療に携わります。

 

目的に合った治療院の選び方

 

骨盤矯正はダイエット目的に効果的?

骨盤矯正は、ダイエット目的に直接的な効果をもたらすものではありません。骨盤の歪みがある場合には、姿勢の改善や体のバランスを整えることで、間接的にダイエットや体型の改善に影響を与えることがあります。しかし、ダイエットを目的とする場合は、食事や運動などのアプローチが主流であり、骨盤矯正だけで期待する効果を得ることは難しいでしょう。

 

腰痛に悩む人におすすめの施術方法

腰痛に悩む人には、整骨院や接骨院での施術がおすすめです。柔道整復師によるマッサージやストレッチ、鍼灸治療などが行われます。また、適切な姿勢や日常生活の習慣の改善も重要です。腰痛の原因に応じて、個々の症状に合った施術方法が提供されます。

 

ぎっくり腰の対処法とは?

ぎっくり腰の対処法としては、まず安静にし、炎症を抑えるために冷やすことが重要です。次に、整骨院や接骨院での施術を受けることが効果的です。柔道整復師によるマッサージ、鍼灸治療などが行われます。また、痛みが引いた後は、適度な運動やストレッチを行い、筋力を回復させることが大切です。

 

捻挫・肉離れの治療方法とは?

捻挫や肉離れの治療方法は、安静療法、冷却療法、圧迫療法、挙上療法(RICE療法)などが一般的です。また、整骨院や接骨院での施術も有効です。柔道整復師によるマッサージやテーピング、運動療法などが行われます。重症の場合は、整形外科での治療が必要な場合もあります。

 

肩こりを解消するための効果的な方法とは?

肩こりを解消するためには、まず姿勢の改善やストレッチなどの日常的なケアが重要です。また、整骨院や接骨院でのマッサージやストレッチ、鍼灸治療などが効果的です。柔道整復師による施術により筋肉の緊張が緩和され、血行が促進されます。定期的な施術を行うことで、肩こりの症状を軽減することが可能です。

 

注意:本コラムでは「整骨院」と「接骨院」の言葉を使用していますが、これらは同じ意味を持つ言葉として扱われます。どちらの言葉も同じ施術や治療を指すものとしてご理解ください。
 
また、情報については一部変更されている場合もありますので、必ず該当する関係各所にご確認ください。
 
 

整骨院での施術料金はどのくらいかご存知でしょうか?

患者様にとって施術料金は重要な要素です。

この記事では、整骨院の料金の詳細を解説します。

患者様に院を選んでいただくためにはどのくらいの料金設定をするかなどの知識が身に付きます。

是非、参考にしてください。

 

 

整骨院の料金について詳しく解説します

 

初診料の料金範囲

初診料は、施術を受ける前に支払う基本料金です。初診料は230円から1,460円程度の範囲内で設定されています。※この料金は、施術院や負担金額、部位数や地域によって異なる場合があります。

 

再診料の料金範囲

再診料は、前回受けた治療の後に再び診察を受ける際に支払う料金です。90円から600円程度の範囲内で設定されています。※この料金は、施術院や負担金額、部位数や地域によって異なる場合があります。

 

3回目以降の施術料の料金範囲

3回目以降の施術料は、通院回数が増えるにつれて割引が適用されることがあります。一般的に、3回目以降の施術料は50円から480円程度の範囲内で設定されています。※この料金は、施術院や負担金額、部位数や地域によって異なる場合があります。

 

接骨院や整体院の通院頻度を工夫する方法

 

【保険利用】整骨院での施術費用を抑える方法

整骨院では、保険を利用することで施術費用を抑えることができます。保険の適用範囲や自己負担額を確認し、適切に利用しましょう。

 

整体院での保険利用について考える

整体院でも保険を利用することができる場合があります。保険の適用範囲や自己負担額について、事前に確認しておくことが大切です。

 

整体院の適切な通院頻度を考える

整体院での適切な通院頻度は、施術内容や症状の程度によって異なります。施術者と相談しながら、最適な通院スケジュールを立てましょう。

 

施術者に要望や不明点を伝える方法

施術者には、自身の要望や不明点をしっかり伝えることが重要です。治療内容や料金についての疑問点があれば、積極的に相談しましょう。

 

整体院での定額制(サブスク)メニューを利用する方法

一部の整体院では、定額制(サブスク)メニューを提供している場合があります。定額制を利用することで、予算内で効果的な治療を受けることができます。

 

自宅で行えるセルフケア方法を学ぶ

整体院での治療を補うために、自宅で行えるセルフケア方法を学ぶことも有効です。ストレッチやストレングスエクササイズなど、日常生活に取り入れやすい方法を探してみましょう。

 

回数券の購入を検討する前に知っておきたいこと

整体院で回数券を購入する場合は、注意点を押さえておくことが重要です。

 

高額な整骨院や整体院の料金に対処する方法

整骨院や整体院の料金が高額に感じる場合は、以下の方法で対処することができます。

施術内容や料金プランを比較して、コストパフォーマンスの高い院を選ぶ。

保険の適用範囲や自己負担額を確認して、費用を抑える。

自宅でのセルフケアを積極的に行い、通院回数を減らす。

 

まとめ

骨院や整体院での治療料金は、患者にとって負担が大きい場合もありますが、適切な対策を取ることで費用を節約することができます。施術内容や通院頻度を工夫し、効果的な治療を受けることが大切です。

 

注意:本コラムでは「整骨院」と「接骨院」の言葉を使用していますが、これらは同じ意味を持つ言葉として扱われます。どちらの言葉も同じ施術や治療を指すものとしてご理解ください。
 
また、情報については一部変更されている場合もありますので、必ず該当する関係各所にご確認ください。
 
 

今まで肉離れをしてしまったことはありますか?

>肉離れはスポーツや運動中に発生しやすい怪我の一つです。

この記事では、肉離れの定義から治療法、予防策などの詳細を解説します。

なってからではなく、事前に知識をつけておきましょう。

是非、参考にしてください。

 

 

肉離れの定義とは?

 

肉離れは、筋肉が断裂するけがです。太ももやふくらはぎなどの筋肉が切れたり、裂けたりすることによって、炎症や内出血を起こし、患部が腫れ、激しい痛みを感じます。部分的に断裂することが多いのですが、まれに筋肉が完全に断裂してしまうこともあります。

 

肉離れが起こりやすい箇所は太ももとふくらはぎ

成長期の若い人やスポーツ選手は、大腿二頭筋(太ももの後ろ側の筋肉)、大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉)、ハムストリングス(太もも裏側の内側の筋肉)が肉離れになることが多く、中高年になると腓腹筋(ふくらはぎの筋肉)の肉離れが多くみられます。

 

肉離れの症状とは?

 

肉離れの症状の特徴

肉離れの主な症状は、筋肉が切れたり、裂けたりすることによって、炎症や内出血を起こし、患部が腫れ、激しい痛みを感じます。また、受傷時には、「プチッ」といった音がきこえることがあります。その後、以下の症状が現れます。

損傷、断裂部の痛み

押したときの強い痛み

付近の関節を曲げ伸ばししたときの患部の強い痛み

皮膚上に認められるへこみ

内出血

 

痛みを感じながらも歩ける場合、肉離れの可能性は?

肉離れの場合でも、軽度なものでは筋肉内の出血があるものの、筋膜や筋線維に損傷はない段階は痛みを感じながらも歩けることがあります。しかし、痛みが強い場合や筋肉の機能が著しく低下している場合は、肉離れの可能性が高いです。

 

肉離れは治るまで何日かかるのか?

 

肉離れの治癒期間は、程度や場所によって異なりますが、軽度のものであれば数週間から数か月、重度のものでは数か月から半年以上かかる場合もあります。

 

肉離れの治療法について

 

肉離れの治療法には、安静療法、冷却療法、圧迫療法、挙上療法などがあります。また、整形外科やリハビリテーションセンターでの専門治療も効果的です。

 

肉離れを速やかに治すためのコツ

 

肉離れを早く治すためには、適切な応急処置や正しい治療法の選択が重要です。また、リハビリやストレッチなどの自宅でできるケアも効果的です。

 

肉離れをした際に避けるべき行動

 

入浴の効果

入浴は血行を促進し、筋肉の疲労回復に役立ちますが、怪我をした部位が痛む場合は慎重に行いましょう。

 

飲酒の影響

アルコールは痛みを和らげる効果がありますが、怪我の治癒に悪影響を及ぼすことがあるため、控えるべきです。

 

湿布の効果

湿布は一時的な痛みの軽減に効果がありますが、肉離れの場合は適切な治療を優先し、湿布は補助的に使用しましょう。

 

無理な運動は避けるべき

肉離れの状態では、無理な運動や負荷をかけることは避け、安静にして早期の回復を目指しましょう。

 

肉離れの原因と再発防止策とは?

 

ふくらはぎや太ももが肉離れしやすい理由とは?

ふくらはぎや太ももは運動時に多くの負荷がかかるため、筋肉の疲労や不調が生じやすく、肉離れの発生リスクが高まります。

 

肉離れの原因に水分不足が関係している?

水分不足は筋肉の柔軟性や弾力性を低下させ、肉離れのリスクを高めることがあります。

 

肉離れの応急処置と注意点!効果的な治し方を紹介

 

肉離れの応急処置と注意事項

病院に行くまでに大切なことは下記3つです。

(1)すぐに冷やす。ただし、冷やしすぎない

肉離れを起こした直後は、歩行を控えてください。直ちに冷やすことが大切です。水に濡れたタオルで問題はないので、すぐにアイシングしましょう。ただし、冷やしすぎないことが大事です。
アイシングには内出血の拡大を防ぐ効果がありますが、冷やしすぎると筋肉が固くなり、回復に必要な血行を悪くしてしまいます。長くても30分程度にしてください。

(2)膝を軽く曲げ、足を上げる

病院に行くまでは、膝を軽く曲げ、ソファやクッションなどを使って、下肢挙上(足を高く持ち上げた姿勢)にしておくと、痛みが和らぐことが多いです。患部を心臓よりも高い位置に上げておくと、肉離れの膨張(腫れ)を防止したり、軽減させる効果があるのです。こうした姿勢で待機し、移動の準備が整い次第、できるだけ早く病院に向かいましょう。

(3)移動時は、患側に体重をかけない

肉離れになってしまったら、患側(けがをした側)に体重をかけないことがとても重要です。移動する際は、誰かに肩を貸してもらったり、おぶったりしてもらえると理想的です。それができない場合は、ケンケンでも構いません。病院に向かう時は、くれぐれも患側に体重を乗せないように気をつけて移動しましょう。

 

肉離れの治療方法とは

肉離れの場合は、整形外科やリハビリテーションセンターでの専門治療を受けることが重要です。適切なリハビリやストレッチも効果的です。

 

肉離れを早く治すためのコツ

 

適切な治療を受けることの重要性

肉離れの場合は、適切な医療機関での治療を受けることが大切です。早めの専門治療で回復を目指しましょう。

 

肉離れの治療を受ける際のポイント

 

  • 早期の専門家の診断と治療を受けること
  • 安静にして治癒を促進する
  • 応急処置を正しく行う
  • 医師や理学療法士の指示に従う
  • 必要に応じてリハビリやストレッチを行う

 

肉離れの予防と対処法まとめ

 

肉離れを予防するためには、適切なウォーミングアップやストレッチ、運動の際の注意が必要です。また、肉離れが発生した場合には、適切な治療を受けることが大切です。

 

注意:本コラムでは「整骨院」と「接骨院」の言葉を使用していますが、これらは同じ意味を持つ言葉として扱われます。どちらの言葉も同じ施術や治療を指すものとしてご理解ください。
 
また、情報については一部変更されている場合もありますので、必ず該当する関係各所にご確認ください。
 
 

受診調査があった際の正しい対応方法はご存知でしょうか?

この記事では、受診調査がきてしまった際の正しい対応方法を解説します。

回答方法や対応しなかった場合どうなってしまうのかまで、これを読めば必要な知識が身に付きます。

是非、参考にしてください。

 

 

整骨院・接骨院で保険証を使うと届く調査書・アンケートの意義とは?

調査票が送付される理由は、受療内容が保険診療の対象であるかどうか確認するためです。

 

整骨院での治療後に届く調査書の内容とは?

負傷部位、負傷日時、負傷原因、通院日数などの請求内容が合っているのか確認です。

 

保険証を使った後、届く書類の処理方法は?

3か月も半年も経ってから届くことが多いので忘れてしまった細かいことや、わかりにくい専門的な内容を質問してきます。
それに対して適当に記入して提出した場合、かなりの確率で「不払いの口実」にされてしまう恐れがあります。
また、「提出しない」場合も「不払い」になるケースが確認されています。
保険者からのアンケートの質問に対して、どう回答していいのかわからない部分について、 「接骨院に相談せずに」とか、「接骨院への確認は不要です」と記載がありますが、接骨院に確認してみてもいいと思います。

 

保険者によっては書類が届きやすいものと届きにくいものがある?

あります。ですが、保険者の方針や保険請求の内容、タイミングなどによるため確実に届く届かないの判断は難しいです。

 

健康保険に影響する調査書の無視はどのような結果をもたらすか?

 

調査書を無視した場合

提出をしないと何度か書類が届きます。それでも出さない場合は保険請求が出来なくなってしまいます。そのため、差額分が自己負担になります。

 

注意:本コラムでは「整骨院」と「接骨院」の言葉を使用していますが、これらは同じ意味を持つ言葉として扱われます。どちらの言葉も同じ施術や治療を指すものとしてご理解ください。
 
また、情報については一部変更されている場合もありますので、必ず該当する関係各所にご確認ください。
 
 

柔道整復師と理学療法士の違いはご存知でしょうか?

この記事では、仕事内容や国家試験などについて解説します。

是非、参考にしてください。

 

 

柔道整復師と理学療法士の違いを解説

 

【仕事内容】柔道整復師と理学療法士の職務の違い

柔道整復師は、主に急性のケガに対する施術を行ないますが、理学療法士は病気やケガで低下した機能の回復リハビリテーションが業務内容です。

 

柔道整復師の仕事内容詳細

柔道整復師は、骨折や脱臼、打撲、捻挫といった主に外傷性のケガの回復を支える専門家です。柔道において傷ついた身体を治すための「活法」すなわち整復の考え方に基づいて施術を行ないます。
ヒアリングと患部のチェックを行ない、固定や手技、温冷などの物理療法や運動療法を用いて、自然治癒力を高めて回復をサポートします。

 

理学療法士の仕事内容詳細

理学療法士は患者様の状態を見極め、身体機能や基本動作などを評価します。その後、運動療法や物理療法を用いて医師の指示を仰ぎながら治療を行います。

 

柔道整復師と理学療法士に向いている人の特徴

柔道整復師と理学療法士に向いている人の特徴は責任感がある人、患者様に寄り添ったコミュニケーションを取れる人、向上心があり常に学び続ける人です。

 

柔道整復師と理学療法士になるための条件

柔道整復師と理学療法士になるには、それぞれ国家試験に合格して厚生労働大臣の免許を受ける必要があります。

 

柔道整復師の国家試験の難易度

柔道整復師の国家試験の合格率はかつて80%を超えていましたが、近年は60%程度で低下しており、試験の難易度は質・量ともに難化傾向にあるとされています。

 

理学療法士の国家試験の難易度

理学療法士の国家試験の合格率は平均して80%程度と比較的高い水準で推移しています。

 

注意:本コラムでは「整骨院」と「接骨院」の言葉を使用していますが、これらは同じ意味を持つ言葉として扱われます。どちらの言葉も同じ施術や治療を指すものとしてご理解ください。
 
また、情報については一部変更されている場合もありますので、必ず該当する関係各所にご確認ください。
 
 

レセプトの返戻があった際の正しい対応方法はご存知でしょうか?

返戻理由によってそれぞれ対応方法が変わってきます。

この記事では、返戻がきてしまったレセプトの再請求方法を解説します。

返戻原因や再請求方法まで、これを読めば必要な知識が身に付きます。

是非、参考にしてください。

 

 

レセプトを使った診療報酬の請求とは

診療報酬の請求は患者の受診や治療を行った後に医療機関が行う手続きです。

 

レセプト請求の手順

1.レセプトを作成し、弊会に提出します。

2.弊会で審査を行い、各保険者に送ります。

3.保険者で内容点検を行います。

4.不備がないものを支払われます。

 

レセプト請求の提出期限はあるのか?いつまで?

期限は2年です。

 

返戻レセプトの再請求期限はいつまでですか?

施術月から2年以内であれば請求可能です。

 

レセプトが返戻される主な原因とは?

署名・金額・保険証情報の相違、同月に他医療機関の受診をしていたなどです。

 

返戻されたレセプトを再請求した場合の支払日は?

毎月の請求に合わせてデータとレセプトを弊会にご提出ください。

 

返戻された際の訂正方法について

返却されたレセプトで誤っている箇所を二重線し、空いているスペースに正しいものを記載してください。

 

受診照会によるレセプト返戻の再請求手順

患者様と施術内容を確認し、間違いない場合はレセプトの概要欄に内容に相違がない旨と患者様の署名を頂いてください。

 

注意:本コラムでは「整骨院」と「接骨院」の言葉を使用していますが、これらは同じ意味を持つ言葉として扱われます。どちらの言葉も同じ施術や治療を指すものとしてご理解ください。
 
また、情報については一部変更されている場合もありますので、必ず該当する関係各所にご確認ください。
 
 

柔道整復師を目指す皆さん、国家試験の対策は万全でしょうか?

国家試験は誰でも受けられるわけではありません。

この記事では、柔道整復師国家試験の詳細を解説します。

試験の詳細から合格率まで、これを読めば柔道整復師国家試験に必要な知識が身に付きます。

是非、参考にしてください。

 

 

柔道整復師国家試験の概要

 

柔道整復師の国家試験の実施日時と場所

柔道整復師の国家試験試験は年に1回3月上旬に実施されます。試験は北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県で実施されます。

 

柔道整復師の国家試験の発表

合格発表は厚生労働省のホームページと公益財団法人柔道整復研修試験財団ホームページで発表されます。
電話による合否照会は応じてもらえないので、各自インターネットに接続できる環境を準備し、ホームページにアクセスすることで合否の確認を行う必要があります。

 

柔道整復師国家試験の受験条件

柔道整復師国家試験を受験するためには、指定養成校の学科試験に合格し、受験資格を取得する必要があります。

 

柔道整復師国家試験の試験内容とは

 

科目の概要

解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論、関係法規の全11科目です。

 

柔道整復師国家試験の合格基準とは

合格基準は下記になります。

1.必修問題については、配点を1問1点とし、全50問中、その得点が総点数の80%以上、40点以上を合格とする。

2.一般問題については、配点を1問1点とし、全200問中、その得点が総点数の60%以上、120点以上を合格とする。ただし、午前の問題第123問、午後の問題第57問及び第69問については、複数の選択肢を正解として採点する。

3.必修問題及び一般問題のいずれも合格基準を満たしている者を合格とする。

 

柔道整復師国家試験の合格率

昨年(2023年)の第31回柔道整復師国家試験を含めると、直近5年間の国家試験合格率は61.7%、直近10年では64.0%と年々難化しているのが見て取れるかと思います。

 

柔道整復師国家試験の結果と分析

 

柔道整復師国家試験の難易度について

柔道整復師国家試験の難易度は年々変動し、時には特定の科目が特に難しいとされることもあります。

 

柔道整復師国家試験の受験者数の推移

一時期は7000人を超える受験者数ではありましたが、直近では4000-5000人程度まで減っています。

 

柔道整復師国家試験の受験者数の推移について

柔道整復師国家試験の受験者数は年々増加している傾向にあります。

 

柔道整復師国家試験の勉強方法と試験対策

 

柔道整復師国家試験の国試問題集について

試験対策の一環として、多くの受験生が国試問題集を利用して勉強しています。

 

柔道整復師国家試験の国試過去問アプリについて

過去の試験問題を解くことで、受験生は試験の傾向や出題範囲を把握し、対策を練ることができます。

 

注意:本コラムでは「整骨院」と「接骨院」の言葉を使用していますが、これらは同じ意味を持つ言葉として扱われます。どちらの言葉も同じ施術や治療を指すものとしてご理解ください。
 
また、情報については一部変更されている場合もありますので、必ず該当する関係各所にご確認ください。
 
 

労災保険手続きの流れはご存知でしょうか?

頻繁に患者様がくるわけではないと思います。

そこでこの記事では、整骨院で労災保険手続きの流れを徹底解説します。

労災保険の基礎的な知識、具体的な手続きの流れまでこれを読めば必要な知識が身に付きます。

是非、参考にしてください。

 

 

整骨院で労災保険が適用できるケース・できないケースとは

 
 

整骨院で労災保険が適用できるケース

業務中だけでなく、出張や営業で外に出ているときや、自宅と会社を往復する間の災害にも、労災保険が適用されます。私的行為ではなく業務を実際に行なっていること、仕事場の環境や管理不足が原因であることが、労災保険が適用される条件です。

 

整骨院で労災保険が適用できないケース

業務中や施設内であっても、業務に含まれないプライベートな行為が原因と見なされれば、労災保険は適用されません。

 

労災には2つの種類がある

1.業務中の災害である業務災害

2.通勤途中や勤務先から家に帰宅する際の災害である通勤災害

 

労災保険の申請手続き

1.会社に報告をし、会社は労働基準監督署に「労働者死傷病報告」を提出

2.労災の請求書を労働基準監督署に提出

3.労働基準監督署で調査が行われ労災給付なのか不支給なのかが決まる

労災用紙の提出手順と注意点

用紙は「様式第7号(3)(業務災害用)」もしくは「様式第16号の5(3)(通勤災害用)」を使用します。用紙には柔道整復師が記入する場合の専用用紙であることを表す「柔」が○で囲まれたマークが欄外にあります。マークがないものは柔道整復師が使用できないので必ず確認してください。施術後、施術の詳細など用紙の記入が完了したら労働基準監督署に患者様もしくは先生から提出してください。

 

労災患者の施術料金について

厚生労働省のホームページに掲載されております。

 

注意:本コラムでは「整骨院」と「接骨院」の言葉を使用していますが、これらは同じ意味を持つ言葉として扱われます。どちらの言葉も同じ施術や治療を指すものとしてご理解ください。
 
また、情報については一部変更されている場合もありますので、必ず該当する関係各所にご確認ください。
 
 

整骨院で働くことを目指す皆さん、柔道整復師になるためにはどうしたらいいかご存知ですか?

保健所や国家資格である柔道整復師免許の取得など、整骨院開業には様々な手続きが必要です。

この記事では、柔道整復師になるために何をしたらいいのか開業するために必要なことを徹底解説します。

是非、参考にしてください。

 

 

整骨院の開業に必要な資格とは何か?

整骨院を開業するには、柔道整復師の資格が必要です。

 
 

柔道整復師の資格取得方法

柔道整復師の資格を取得するには、「柔道整復師の養成課程にある専門学校」または柔道修復学科がある大学で学び、受験資格を得ます。その後、柔道整復師の国家試験を受験し合格することが出来れば資格取得です。

 

受験資格の取得手順

指定養成校の学科試験に合格し、受験資格を取得します。

 

国家試験の受験方法

柔道整復師の国家試験試験は年に1回3月上旬に実施されます。試験は北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県で実施されます。

 

免許取得の手順

国家試験に合格した後、「公益財団法人 柔道整復研修試験財団」に、免許登録の申請をおこなってください。申請が完了し名簿に登録されると、免許証が交付されます。

 

整骨院開業における資格以外の要件とは?

施術所として開業するだけなら柔道整復師免許のみで問題ありませんが、受領委任で健康保険を取り扱う場合「施術管理者」が必要になります。施術管理者になるには、実務経験期間と施術管理者研修の受講が必要となります。

 

整骨院開業には資格以外に必要な2つの要件とは?

整骨院開業には柔道整復師免許だけでなく、実務経験期間の証明や施術管理者研修の修了証明が必要となります。※受領委任の取り扱いをする場合。

 

実務経験期間の意味とは?

整骨院開業には一定期間の実務経験が必要です。
柔道整復師実務経験の期間の証明方法は、次の事項の全てを満たす方法とすること。
(1)柔道整復師実務経験の期間の証明は、別紙様式1の実務経験期間証明書により取扱うものとすること。
(2)実務経験期間証明書は、柔道整復師が実務に従事した登録施術所等の管理者(開設者、施術管理者又は保険医療機関の管理者)による証明とすること。
(3)地方厚生(支)局において登録されている勤務する柔道整復師の情報は、2による柔道整復師実務経験の期間を確認するものとして使用すること。
※2022年4月からは、柔道整復師として保険医療機関で実務に従事した期間も認められます(1年間は施術所での実務経験が必要)

 

施術管理者研修の重要性

施術管理者研修は整骨院での施術に関する管理能力を高めるための研修です。開業するには、この研修を受けることが必要です。※受領委任の取扱いを管理する「施術管理者」になるための要件

 

受領委任に関する届出の取り扱い

整骨院を開業する際には、受領委任に関する届出が必要です。※償還払いの場合なくても開業はできます。