保証人と連帯保証人

保証人と連帯保証人が同じ意味だと思っている方もいると思いますので、説明をしておきます。

単純な保証人の場合、債権者は債務者の支払いが滞ると、まず債務者本人に請求しなければなりません。その手順を踏まずに請求されたときは、保証人は、「先に債務者本人に請求して下さい」という権利があります。

しかし、連帯保証では、債権者は債務者の支払い能力の有無にかかわらず、連帯保証人に対して返済を請求することができます。債務者よりも回収しやすいと思えば、すぐ連帯保証人に対して請求できるのです。

▼保証人と連帯保証人の相違イメージ
保証人と連帯保証人の相違

つまり、連帯保証人は、単純保証人よりも思い責任を負うことになり、債務者と同等の立場に立たされます。
連帯保証については、依頼するほうもされるほうも、それなりの覚悟がいるということを理解しておく必要があります。


▲ページの先頭へ戻る

お気軽にお問い合わせください
  • フリーダイヤル

    携帯からもご利用できます。お気軽にお問い合わせ下さい。
    平日9:00~20:00 土曜18時まで受付(日・祝日除く)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る