算定可能な近接部位の負傷例について

皆様こんにちは。

 

アイワ接骨師会の赤堀と申します。

昨日のブログでは、「算定できない近接部位の負傷例」をご紹介させていただきましたが、本日は、「算定可能な近接部位の負傷例」をご紹介いたします。

療養費の支給基準(平成29年10月版 108ページ)では算定可能な近接部位として以下の負傷例が記されております。

 

③算定可能な近接部位の負傷例(骨折・不全骨折の場合)

 

骨折・不全骨折の種類          算定可能な近接部位の負傷例

 

1 鎖骨骨折              頸部捻挫

                    上腕部打撲又は挫傷

2 肋骨骨折              左右の肋骨骨折

                    左右反対側の胸部・背部打撲又は挫傷

3 上腕骨骨折(上部)         肘部打撲、肘関節捻挫

4 上腕骨骨折(下部)         肩関節捻挫、肩部打撲

5 前腕骨骨折(上部)         手関節捻挫、手部打撲

6 前腕骨骨折(下部)         肘関節捻挫、肘部打撲

7 手根骨骨折             前腕部打撲又は挫傷、指関節捻挫、指部打撲

8 中手骨骨折             前腕部打撲又は挫傷

9 指骨骨折              1指単位の算定、手関節捻挫

10 大腿骨骨折(上部)         膝部打撲、膝関節捻挫、腰部打撲・捻挫

11 大腿骨骨折(下部)         腰殿部打撲、股関節捻挫、下腿部打撲又は挫傷

12 下腿骨骨折(上部)         大腿部打撲又は挫傷、足関節捻挫

13 下腿骨骨折(下部)         膝部打撲、膝関節捻挫、中足部打撲

14 足根骨骨折             下腿部打撲又は挫傷、趾関節捻挫、趾部打撲

15 中足骨骨折             下腿部打撲又は挫傷

16 趾骨骨折              1趾単位で算定、足関節捻挫

 

 

④算定可能な近接部位の負傷例(脱臼・打撲・捻挫・挫傷の場合)

 

脱臼・打撲・捻挫・挫傷の種類      算定可能な近接部位の負傷例

 

1 頸部捻挫              一側の肩関節脱臼・捻挫

背部打撲又は挫傷(下部)

2 背部打撲又は挫傷          胸部打撲又は挫傷(同側を除く。)

                    一側の肩関節捻挫

3 腰部捻挫              背部の打撲又は挫傷(上部)

                    股関節捻挫、殿部打撲(下部)

4 肩関節脱臼・捻挫          上腕下部の打撲又は挫傷

                    背部打撲又は挫傷(下部)

                    頸部捻挫(ただし、肩関節一側の場合)

5 肘関節脱臼・捻挫、         上腕上部の打撲又は挫傷

  肘部打撲              前腕下部の打撲又は挫傷

6 手関節脱臼・捻挫          前腕上部の打撲又は挫傷、中手指・指関節捻挫

  指部打撲

7 中手指・指関節脱臼         1指単位で算定

8 指関節捻挫             手関節捻挫

9 腰部打撲              背部打撲又は挫傷(上部)、股関節捻挫

10 股関節脱臼・捻挫          大腿下部の打撲又は挫傷、腰部打撲・捻挫

11 膝関節脱臼・捻挫          大腿上部の打撲又は挫傷

                    下腿下部の打撲又は挫傷

12 足関節脱臼・捻挫          下腿上部の打撲又は挫傷

                    中足趾・趾関節脱臼・捻挫、趾部打撲

13 中足趾・趾関節脱臼         1趾単位で算定

 

近接部位とは、該当の関節と近しい部分の打撲・挫傷は、施術はできるが算定はできないということです。例えば、患者様の前腕部の施術をした際、「前腕部上部」や「前腕部下部」のように上部・下部を分けず前腕部のみで算定してしまうと、患者様が万が一手関節や肘関節を捻挫した際、施術は出来ますが算定は出来なくなってしまいます。ですので、上部・下部がある負傷部位に関しましては、必ず上部・下部をつけて算定して頂くことを推奨しております。

なお、アイワ接骨師会セミナーを平成30年8月19日(日)10:00~16:00飯田橋にて開催いたします。院に従事する施術者全員が共通の認識となるよう、柔道整復の基礎・新設された算定について解説いたします。柔道整復の基礎・新設された算定以外にもあん摩マッサージ指圧、はり・きゅう受領委任制度についても詳しく解説いたしますので,原理原則の再確認や新入社員のスキルアップにぜひご活用ください。

2018.8.19 柔整・鍼灸マッサージ保険セミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 算定可能な近接部位の負傷例について
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

▲ページの先頭へ戻る

お気軽にお問い合わせください
  • フリーダイヤル

    携帯からもご利用できます。お気軽にお問い合わせ下さい。
    平日9:00~20:00 土曜18時まで受付(日・祝日除く)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る