確定申告はできましたか??

皆様、こんにちは アイワ接骨師会の田中です。

 

3月も中旬を迎えました。

歓送迎会やお花見のシーズンになっていました。

懇親会や飲み会の場は楽しいだけではなく、貴重な情報交換の場になります。

今年も私は身体の壊さない程度に参加をしようと思っています!!

 

さてそんな3月ですが、

先生方は無事に確定申告を終えましたでしょうか。

もしかしたらバタバタしてしまった方も多いのではないでしょうか。

もしくは終わっていない方もいるかもしれません。

本日はそんな確定申告の期限についてのお話です。

 

 

【税金の支払い期限】

また確定申告の書類を提出しても、税金の支払いをしなければ終わっていません。

消費税及び地方消費税は期日がまだ先になりますが、その他は確定申告と同じ日が締め日となっております。

2018年分の支払い期日はこちらになります。

 

・所得税及び復興特別所得税 → 平成31年3月15日

・消費税及び地方消費税 → 平成31年4月1日

・贈与税 → 平成31年3月15日

 

 

【期限までにやれなかった場合は?】

申告の期限を超えてしまうと、期限後申告をして取り扱われます。また無申告での所得金額の決定の場合も、無申告加算税を支払うことになります。

 

無申告加算税は、原則として納付すべき税額に対して、50万円までは15%、50万円を超える部分に関しては20%にて計算を行うのでとても高額になります。

ただし調査を受ける前に自主的に期限後申告を行った場合は、計算の割合が5%に乗じて計算した金額に軽減になります。

 

例外として期限後申告であっても、次の要件を全て満たす場合は無申告加算税は課されないことになります(国税庁HPより引用)

 

1 その期限後申告が、法定申告期限から1月以内に自主的に行われていること。

2 期限内申告をする意思があったと認められる一定の場合に該当すること。

なお、一定の場合とは、次の(1)及び(2)のいずれにも該当する場合をいいます。

(1) その期限後申告に係る納付すべき税額の全額を法定納期限

(口座振替納付の手続をした場合は期限後申告書を提出した日)までに納付していること。

(2) その期限後申告書を提出した日の前日から起算して5年前までの間に、

無申告加算税又は重加算税を課されたことがなく、

かつ、期限内申告をする意思があったと認められる場合の無申告加算税の不適用を受けていないこと

 

上記のような場合もございますので、今回申告が間に合わないという方も、急いでご対応ください。

 

期限を過ぎてしまうと、デメリットしかありません。

あらかじめ日にちは決まっているものになりますので、来年再来年と計画的に進めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 確定申告はできましたか??
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

▲ページの先頭へ戻る

お気軽にお問い合わせください
  • フリーダイヤル

    携帯からもご利用できます。お気軽にお問い合わせ下さい。
    平日9:00~20:00 土曜18時まで受付(日・祝日除く)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る