レセコンの便利な使い方②

 

 皆様こんにちは。アイワ接骨師会の小田島と申します。

 先週は関西を中心に大きな被害を与えた台風、北海道で発生した大地震と、つらい出来事が続いた日本列島でした。

 そのような中で、一昨日早朝、テニスの全米オープンで大坂なおみ選手が日本人初優勝という快挙。明るいニュースでした。

 試合やニュースを観られた方はご存知かと思いますが、相手のセレーナ・ウィリアムス選手が審判ともめて、大ブーイングが起こる異様な雰囲気の中での表彰式で大坂なおみ選手のインタビューや振舞いは美しいものであり、観ていた人々の心を感動させるものでした。

 私も、久しぶりに感動し、改めてスポーツの素晴らしさを感じました。

 

 さて、今回も「レセコン」の便利な使い方について掲載いたしますので、ご参考にしていただければ幸いです。

 せっかくレセコンに入力したデータを、他で利用できないかとお考えになられたことはありませんか?

 レセコンでは、基本的には療養費請求処理で必要な帳票しか用意されておりません。

 上記の最大の理由は、各先生方が欲しい帳票をすべてレセコンに装備すると、莫大な開発費用がかかってしまうからです。

 「開発費用が大きくなる=レセコンの価格が上がる」ということになりますので、理解できます。

 レセコンには、療養費請求処理以外の統計資料も用意されている商品もありますが、先生方の中には患者登録で入力された情報を利用し、レセコンで出力できない様々な統計資料を作成したいとお考えの先生もいらっしゃると思います。

 

 今回ご紹介いたします便利な機能は、「レセコンで入力した情報を取り出し、先生方が加工して欲しい統計資料を作成しましょう。」という機能のご紹介です。

 EUCという言葉をご存知でしょうか。

 EUCとは、「End User Computing(エンドユーザーコンピューティング)」の頭文字をとったもので、エンドユーザー(=先生)が主体的にシステムの構築や運用管理に携わることを言います。

 簡単に説明しますと、レセコンに入力された情報を、先生が情報を取り出し、EXCEL等で加工し情報を利用するということです。

 例えば、以下の1~3のようなことがEUCと言えます。

 1.患者登録で入力した情報を取り出す

 2.地区別の患者数の月別推移表をEXCELで作成する

 3.どの地区の患者が増加または、減少しているか確認

 4.原因分析

 5.集客方法の対策検討

 

 以下の点に注意していただければ、誰にも迷惑はかかりませんので、EUCを試してみてはいかがでしょう。

 注意事項①:通常、レセコンから出力可能な情報は、患者様の氏名・住所・生年月日・電話番号という基本的な情報のみです。

 注意事項②:先生が作成されたEUCについての質問及び、EXCEL自体の質問にはレセコン業者は受付けていただけません。

 

 次回は、EUCを行う場合の具体的な先生の作業内容を掲載いたします。

 

 上記の通り、便利な機能を利用すれば、レセコンは療養費請求処理以外にも集客方法の基礎データとして利用する等、先生のアイデアで利用価値が向上します。

 便利な機能を使用し、先生独自の分析をしてみてはいかがでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レセコンの便利な使い方②
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

▲ページの先頭へ戻る

お気軽にお問い合わせください
  • フリーダイヤル

    携帯からもご利用できます。お気軽にお問い合わせ下さい。
    平日9:00~20:00 土曜18時まで受付(日・祝日除く)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る