ニュースレターの効果②

皆さま、こんにちは。

アイワ接骨師会の山本でございます。

以前はニュースレターについて少しお話させていただきました。(前回のブログはこちら)

本日のブログでは、もしかしたら貴院でも実践しているところもあるかと思います。
これから開業しようと思っている先生、すでに院運営をしていて集客につなげたい先生、必見です。

 

では、ニュースレターの書く上でのポイント、ネタの見つけ方など考えてみましょう!!

 

ポイント①院のトピックス・新着情報を出してみよう!
最近あった出来事はありませんか?技術系セミナーに行った際の報告、メディアに取り上げられたことなど、ニュース要素があるといいです。
新着情報は、今後のイベント情報があればなお良いと思います。まだオフィシャルには出せない段階である場合でも、告知予告という方法でのアナウンスも十分です。
セミナーの告知であれば、大体2か月前くらいに告知しておくといいでしょう。
まとめ:ニュースレターでは【過去の報告】と【未来の予定】を書く!

 

ポイント②自分のパーソナル情報を開示してみよう!

いわゆる自己開示といわれるものです。先生の人となりは?関係性を築く上では欠かせないパーソナル情報を出しましょう。
例えるならば・・・・自分の家族構成や勝っているペット、趣味などなど
最近はまっている食べ物だったり、見た映画でも、色んな情報が出せそうですね。
「これ以上出す情報ない!出すのが難しい~~~!」という事態に陥ったのであれば
患者様にお題を出してもらうこともひとつの方法です。
【最近あった○○】【好きな○○】など、患者様参加型にするのです。
受付周りに【○○】の募集をしてみてもいいかもしれませんね。
そうすることで、施術中の会話のきっかけに繋がったりなど、患者様と先生の関係性が構築できる可能性がぐっと広がりますよ。
まとめ:関係性を育むなら、自分をオープンにしてみよう!

 

ポイント③お客様の声を紹介してみよう!

一般的に発行されている雑誌でも、ネット通販でも必ずある【お客様の声】や【カスタマーレビュー】。
何か物を買う時には、誰かの体験談を参考にして買うといった経験はありませんか?
ニュースレターでも同じことが言えます。
施術の感想や院内についての感想、物販の使用感など一番リアルに反映される声を載せることで、さらなる相乗効果が期待できます。
お客様の声を募集し、そのお客様の声を見た方が「書いてみようかな」と思う方が出てきます。
そしてその声をニュースレターで公開をする・・・という一連のサイクルができると強いニュースレターとなります。
そんなお客様の声には、嬉しいメリットがあります!!
嬉しいメリットはまた次のブログで紹介させていただきますね!
それではまた次回まで。
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ニュースレターの効果②
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

▲ページの先頭へ戻る

お気軽にお問い合わせください
  • フリーダイヤル

    携帯からもご利用できます。お気軽にお問い合わせ下さい。
    平日9:00~20:00 土曜18時まで受付(日・祝日除く)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る