アイワ接骨師会誕生の歴史

整骨院を経営されている先生方、これから開業される先生方に喜ばれる請求団体を目指し進化し続けていきます。

このままでは黒字倒産

当時、鍼灸整骨院を始めたばかりの私は治療家としても動き出したばかりでしたが、経営者としても舟を漕ぎだしたばかりでした。
2人の船出のころは大きな問題は特にありませんでしたが、業界独特のキャッシュフローの悪さに苦労をしていました。
家賃や給与は出ていくばかりですが、保険者からの入金が半年経っても入ってこないような状況でした。
このままでは黒字倒産してしまうと焦るばかりでした。
そこで、立替払いをしてくれる団体に入会してお世話になることに決めました。
やっとこれで倒産しなくて済むと安心することが出来ました。
団体はありがたいなと心の底から思った時期でした。

きっかけは私のお願いを聞いて頂けなかったことからでした

時が過ぎて順調に運営・経営が軌道に乗り始めた時に次の課題が現れました。
毎月末日に加盟していた団体から入金がありました。
末日に引き落としや支払いが多く、店舗が増えるとともに件数が多くなりました。
そこで団体にお願いをしてみました。
「末日入金を前倒ししてもらえないか」
回答は
「それは申し訳ないがご期待に沿えません」でした。

同じ悩みで苦労している経営者も多いはず

それならそのサービスを作ったら喜ばれるはずと考え団体を作ることにしました。
この瞬間に「アイワ接骨師会」がスタートすることが始まりました。
団体運営に関して最初から全てを知っているわけではなかったので、まずは直営院でサービスと運営を固めることとなりました。
まずは私が理想とする入金サイクルがあったのでそのサービスの設計からでした。
毎月レセプトを8日必着にして15日後の23日に着金するという「15日後払い」を作ることからでした。
これは25日や末日の経費の支払いに対して十分に対応可能な日数を確保する最速のプランでした。
このサービスによりキャッシュフローに課題を抱える経営者には喜ばれるとし確信して外部会員に提供することとしました。

アイワ接骨師会会長 小林博文

▲ページの先頭へ戻る

お気軽にお問い合わせください
  • フリーダイヤル

    携帯からもご利用できます。お気軽にお問い合わせ下さい。
    平日9:00~20:00 土曜18時まで受付(日・祝日除く)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る