柔道整復における広告の指導について

今回は全国厚生労働関係部局長会議(厚生分科会)資料をご紹介いたします。

平成26年1月21日(火)~22日(水)にかけて都道府県、指定都市及び中核市を対象に開催する全国厚生労働関係部局長会議(厚生分科会)の資料
厚生労働省HP
(2)医政局→PDFファイル詳細-2医政局

施術所の広告について
先日厚生労働省の会議で、施術所の広告の指導を徹底することを求める資料が提示されました。

  広告の指導について

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師及び柔道整復師の業及び
施術所に関する広告については、あん摩マッサージ指圧師、はり師、き
ゅう師等に関する法律(昭和 22 年法律第 217 号)第7条第1項各号、柔
道整復師法(昭和 45 年法律第 19 号)第 24 条第1項各号に規定されてい
る事項以外は広告できないところであり、毎年、全国医政関係主管課長
会議において、その遵守の指導をお願いしているところである。
しかしながら、最近、「交通事故治療専門」や「むち打ち専門」とい
った広告違反が行われているとの情報が当課に多く寄せられており、ま
た、独立行政法人国民生活センターが平成24年8月2日に報道発表し
た「手技による医業類似行為の危害-整体、カイロプラクティック、マ
ッサージ等で重症事例も-」においても同様の報告がされており、公衆
衛生上看過できない状況となっている。
ついては、広告可能事項に該当しない「交通事故」といった文言や料
金について、広告することを認められないことから、違法広告のある施
術所の開設者に対する指導の徹底を図られたい。

アイワ接骨師会・鍼灸マッサージ師会
新里 雄祐


▲ページの先頭へ戻る

お気軽にお問い合わせください
  • フリーダイヤル

    携帯からもご利用できます。お気軽にお問い合わせ下さい。
    平日9:00~20:00 土曜18時まで受付(日・祝日除く)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る