柔道整復術は日本の伝統治療の一つ

「医療の原点は手当にあり」が基本的な考え方
柔道整復師は手術・投薬こそ出来ませんが、法律で、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの
医療行為が認められています。
骨折・脱臼の治療では応急手当以外は意志の同意が必要になりますが、それ以外は
柔道整復師の判断で治療ができます。

骨や関節などに対する治療法には「観血的療法」と「非観血的療法」があります。
後者は、柔道整復師が行う治療の出血をともわない治療です。
民間資格である整体師は、これらの治療は一切出来ません。
柔道整復師の手は痛みや痺れの原因を探し当てるセンサーです。
不思議ですが、患者様の中には、手が触れただけで、痛みが軽くなったという人もいます。
柔道整復師は手技という技術を持ってその技術をフルに使い色々な痛みや痺れを
和らげたりするのです。

アイワ接骨師会・鍼灸マッサージ師会
新里 雄祐


▲ページの先頭へ戻る

お気軽にお問い合わせください
  • フリーダイヤル

    携帯からもご利用できます。お気軽にお問い合わせ下さい。
    平日9:00~20:00 土曜18時まで受付(日・祝日除く)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る