個人請求のメリット、デメリット

整骨院における「個人の療養費請求」は可能ですが、
ここではメリットとデメリットについてまとめてみました。

メリット

  • ・請求した金額に対し100%の金額が振り込まれる。
    → 会に支払う手数料が無い
  • ・締め切りに追われない
    → 健保はいつでも請求することが出来、協会けんぽ、国保などは月単位に締め切り日がある
  • ・会を通さない分、保険者返戻は早く処理できる。

デメリット

  • ・入金の確認がしにくい
    → 通帳にはカタカナ表記されるため読みにくく、何月請求分の表記がないので合わせにくい。
  • ・通帳がすぐにいっぱいになってしまう。
  • ・健保に関しては保険者ごとに切手が必要になる。最低80円
  • ・自分で保険者に提出のため、郵便局で一枚一枚重さを計り切手を貼ることになる。
    → 混んでいる場合、かなりのヒンシュクを買う。
  • ・保険者の更新情報が届きにくく返戻になってしまうことがある。
  • ・請求から入金までに3ヶ月から1年かかることがあり管理できない。
  • ・会返戻が無く直接保険者に行ってしまうため返戻が多く、保険者の信用がなくなってしまう。
    → ひどくなると厚生局の呼び出し対象になる。
  • ・入金までに時間がかかるため、キャッシュフローが悪く経営を圧迫してしまうことがある。


▲ページの先頭へ戻る

お気軽にお問い合わせください
  • フリーダイヤル

    携帯からもご利用できます。お気軽にお問い合わせ下さい。
    平日9:00~20:00 土曜18時まで受付(日・祝日除く)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る