長期施術継続理由について

皆様こんにちは。

アイワ接骨師会 石川と申します。

残暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は長期施術継続理由、長期頻回施術理由についてお知らせします。

打撲・捻挫・挫傷の施術が初検の日から3ヵ月を超えて施術を継続する場合は長期施術継続理由を、初検の日から3ヵ月を超えて更に10日以上の施術を行う場合は長期頻回施術理由をそれぞれ療養費支給申請書へ記載することが求められています。

また、4か月以上施術を継続する場合の注意点として、長期施術継続理由の記載該当日は、月の最初に施術を行った日からになります。

また、長期施術継続理由で毎月同様の内容を記載すると、症状固定や施術効果に対する疑義が生じます。

外傷は時間の経過や施術によって症状が緩和されていくのが一般的と保険者も考えておりますので、月ごとの症状の評価を記載することをお勧め致します。

 


▲ページの先頭へ戻る

お気軽にお問い合わせください
  • フリーダイヤル

    携帯からもご利用できます。お気軽にお問い合わせ下さい。
    平日9:00~20:00 土曜18時まで受付(日・祝日除く)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る