療養費不正受給:柔道整復師を処分 近畿厚生局 /滋賀

(出典元:毎日新聞 2015年09月05日 地方版)

 患者30人分の療養費計約92万円を不正受給したとして、近畿厚生局滋賀事務所は4日、近江八幡市土田町の「あらい整骨院」=廃業=の代表、新井成沢・柔道整復師(58)を5年間の受領委任中止処分にした。

近畿厚生局滋賀事務所によると、新井・柔道整復師は2011年9月〜14年9月、施術日数を水増ししたり、実際には実施していない電療料の療養費などを不正請求したりしていたという。療養費の受領委任が中止されると、柔道整復師は保険者に費用を請求できなくなる。


▲ページの先頭へ戻る

お気軽にお問い合わせください
  • フリーダイヤル

    携帯からもご利用できます。お気軽にお問い合わせ下さい。
    平日9:00~20:00 土曜18時まで受付(日・祝日除く)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る